©浦沢直樹/小学館
柔道

YAWARA!

浦沢 直樹
小学館
「ヤワラちゃん」は社会現象に、女子柔道を国民的にした名作

このマンガのレビュー

当時、まだ光の当たっていなかった女子柔道を題材に、谷亮子選手の大ブレイクと相まって一大ムーブメントを巻き起こした作品。それまでのスポ根レジェンド作品と違い、普通の(普通でありたい)女の子が活躍していくというのが斬新だった。一本背負いが美しくかっこ良く、その技に憧れる人も多かったのではないかと思う。女性が主人公のスポーツもので、これほどの影響を与える作品に再び登場してほしい。 鈴木 重毅

「柔よく剛を制す」の言葉を再現する、小柄で可愛い少女の柔が大柄で屈強な対戦相手を投げる姿が、爽快でワクワクします。もしかしたら今はやりの、ワンパンマンのような「最強系主人公」と同じような爽快感があり、めちゃくちゃ楽しいです。元バレリーナの伊東さんの成長も楽しく王道系として最後まで楽しいです。 井本 洋平

一本背負いをしたときの気持ちよさを、ココまで読者に共有できるマンガを僕は知らない。今読んでも心から面白いと言える柔道マンガの金字塔。主人公の女の子も魅力的なのだが、その祖父の個性もすごく魅力的!柔道を強くなりたかったわけではないのに、柔道の伝説的な天才である祖父に、幼い頃から叩き込まれた技の数々は、彼女を天才たらしめた。しかし、主人公は思う。「私は普通の女の子として生活したいの!」。そんな中でもライバルあり、友情あり、恋ありと、飽きさせない話の展開と、何よりも試合の爽快感を味わってほしい作品。 前田 雄太

元柔道選手の祖父から英才教育を受けた天才少女・猪熊柔(やわら)が、世界の頂点を目指すストーリーで、何と言っても小柄な主人公が自分より体格のいい選手を「一本背負い」で次々と打ち負かしていく爽快感がある。一方で、「圧倒的な天才」を前に自身を「凡人」と自覚して並々ならぬ努力を重ねるライバルのさやか、バレエから柔道に転向し徐々に才能を開花させていく富士子さん、柔の親友で最強の敵でもあるカナダ人選手・ジョディなど脇のキャラクターも多彩。エンターテインメントとして完成されたスポーツマンガだ。 吉村 麗

女子柔道界のレジェンド谷亮子選手のニックネームの由来となった柔道マンガの名作『YAWARA!』。この作品の魅力はなんといっても主人公柔(やわら)の圧倒的強さと可愛さにあります。自分より大きな相手を軽々と投げ飛ばしていくシーンは、読んでいて爽快!あっという間に柔(やわら)に夢中になってしまいます。ラブコメとしてキュンキュンさせられ、スポーツマンガとしてもしっかり読者を熱くさせてくれる名作スポーツ漫画です。 よね

その他の 柔道 マンガ

©️河合克敏/小学館
柔道

帯をギュッとね!

河合 克敏
小学館
明るく、楽しく、さわやかな柔道部!
柔道

暗闇五段

寺田ヒロオ
小学館
柔道

花マル伝

いわしげ 孝
小学館
柔道

柔道部物語

小林 まこと
講談社
これぞ王道! 男子柔道部マンガ!
柔道

からん

木村 紺
講談社
アフタヌーン
柔道

JJM 女子柔道部物語

原作:恵本裕子、作画・構成・脚色:小林まこと
講談社
リアルな女子柔道部! 白帯の女子高生が世界の頂点を目指す
主催
助成